「カレンブロッソ」カフェぞうり

  • 「カレンブロッソ」カフェぞうり
頼れる相棒、私の場合

足がきれいに見えて、歩きやすい。雨の日も安心の最強草履です

大久保信子 生まれも育ちも東京・日本橋。着つけやスタイリングを行う着物スタイリストの草分け的存在として、雑誌、テレビ、広告、舞台などで活躍。着る人の体型や持ち味を生かしつつ、すっきりと美しく見せる着つけにはファンも多い。『大久保信子さんの着つけ入門』(プレジデント社刊)、好評発売中です!

“京の着倒れ、江戸の履き倒れ”という言葉がある。京都の人は着物に、江戸の人は履き物にお金をかけて財産をなくすという意味だ。東京・日本橋生まれの江戸っ子である大久保信子さんも、履き倒れとはいかないまでも、履き物にはかなりのこだわりを持っている。

そんな大久保さんが「最近はこればかり」とヘビーローテーションで履いているのが、「カレンブロッソ」の「カフェぞうり」だ。「軽くて足当たりもやわらかく、長時間歩いても疲れません。何より、5.5僂箸いβ罎旅發気いいんです。これこそ、歩く姿を美しく見せ、着物の裾も汚れない絶妙な高さ」

加えて、水に強いことも大久保さんがカフェ草履を贔屓(ひいき)にする理由だ。「冬の金沢へ出張する機会があったので、履いていったことがあるんです。道路は雪と消雪パイプの水でビチャビチャ。ふつうの草履ならあっという間に水がしみ込みダメになってしまうところですが、カフェぞうりはまったくしみてこないんです。濡れた路面でも滑りにくいので、雪の中をひょいひょい歩いていけました」

カフェぞうりにほれ込み、最近ではお世話になっている方への贈り物として選ぶこともあるという。「形がベーシックなので、礼装以外ならどんな着物にも合わせられます。着物をよく着る人ほど、この草履のよさがわかるみたいですよ」と太鼓判を押す大久保さん。最近は2足目の購入も検討しているらしい。

「これ以外履けない人」が急増中の、疲れにくい草履。歩きやすさの秘密は台の素材。スニーカーにも使われるクッション性の高いEVA樹脂が着地時の衝撃を和らげるため、坂道も階段もすいすい上れる。鼻緒の受けとツボにはやわらかい合成皮革を使っているのも足への当たりがソフトな理由。鼻緒をすげ替えるための裏ぶたが底面にないため、雨で多少道が濡れていても、台や鼻緒に水がしみず快適に歩ける。

サイズ:(台実寸):(S)約幅7.3×長さ23×高さ5.5cm、(M)約幅7.7×長さ23.5×高さ5.5cm、(L)約幅8.1×長さ24×高さ5.5cm(鼻緒含まず) 、 色・柄:墨黒(真田紐鼻緒)、蜜蝋色(真田紐鼻緒)、 原産国:日本製、 素材・原料:(草履台)牛革・EVA樹脂、(鼻緒主体地)〈a・b〉表:綿 裏:ポリエステル・ポリウレタン 〈c・d〉表:牛革 裏:ポリエステル・ポリウレタン 
お届けまでに75日ほどお時間をいただく場合がございます。ご注文後のキャンセル・返品はできません。また、沖縄県・島しょ部への配達はできません。
カタログID:16-007-29 / 16-007-30 / 16-007-31 / 16-007-32 / 16-007-33 / 16-007-34 / 16-007-26 / 16-007-27 / 16-007-28 / 16-007-23 / 16-007-24 / 16-007-25 / 17-002-18 / 17-002-19 / 17-002-20 / 17-002-21 / 17-002-22 / 17-002-23 / 17-002-15 / 17-002-16 / 17-002-17
お取り寄せ 「カレンブロッソ」カフェぞうり

「カレンブロッソ」カフェぞうり

18,036円19,116円


数量 個 在庫・価格を一覧でチェックする

この商品について問い合わせる

この商品のつかい手レビュー

レビューを見る(0件) レビューを投稿する

この商品についてのレビューはまだ投稿されていません

買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2016年度版 買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2017年度版

この商品を買った人はこんな商品も買っています