「青土」白波八寸絞り帯

  • 「青土」白波八寸絞り帯

京都・宇治の「青土」が手がける手績(てうみ)の麻糸で織られた白波八寸帯は、ニュアンス豊かな白が奥深い。この「白波」をベースにした絞り染めの帯が初お目見え。素材の特性ゆえ、赤の染料が紫根染めのような紫に、黒の染料が青墨に染め上がり、えもいわれぬ色香を感じさせる。京都の職人による杢目絞りの柄は、お太鼓は右側、前の部分は左側に出るように計算されており、帯を左右どちらから巻いても柄が出るようになっている。堅けん牢ろうな染料なので、色移りの心配もなし。絞り染めの帯は5月〜9月にとより長く締めてもOK。

サイズ:約幅31×長さ380cm、 原産国:中国・(企画・縫製)日本 青土、 重さ:約450g、 素材・原料:麻(苧麻)
松葉仕立ての仕立て上がり品です。お取り寄せ商品のため、お届けまでに1カ月前後お時間をいただきます。ご注文後のキャンセル・返品はできません。
カタログID:17-006-34 / 17-006-33
お取り寄せ 「青土」白波八寸絞り帯

「青土」白波八寸絞り帯

57,000円


数量 個 在庫・価格を一覧でチェックする

この商品について問い合わせる

この商品のつかい手レビュー

レビューを見る(0件) レビューを投稿する

この商品についてのレビューはまだ投稿されていません

買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2017年度版