「大原商店」麻半じゅばん

  • 「大原商店」麻半じゅばん
頼れる相棒、私の場合

肌着への印象が一変。 もっと着ていたくなる 気持ちよさ

小川 糸●作家。映画化されベストセラーになった『食堂かたつむり』(ポプラ社)のほか著書多数。近著に『ツバキ文具店』(幻冬舎)、自身の暮らしともの選びの視点をまとめた『これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条』(講談社)。

夏は、麻の着物でちょっぴりかしこまって食事に行くことも多いという小川さん。そんなときには、「大原商店」の麻半じゅばんとステテコが活躍する。
「麻の着物に麻の肌着を合わせたときの、風がスッと抜けていく感じが好きなんです。蒸し暑いときこそ、麻の着物を着て出かけたくなりますね。風通しがよくて、洋服よりもずっと涼しく感じます」
洗濯機でジャブジャブ洗えて、すぐに乾き、しかも着て涼しい麻は、快適で合理的。特に麻のステテコは、透ける素材のスカートの下にもはくほど重宝しているという。 実は、小川さんがこれらの肌着を買ったのは、最近になってから。

麻は肌にベタつかず、汗も気にならない。洗うほどにやわらかく、肌当たりがよくなるのも魅力。

「それまで使っていたのは、私が20代の頃に母が買ってくれたものなんです。はっきり言って着心地はよくなかったのですが、着物の肌着なんてどれも同じだろうし、こういうものだと思って着ていました。でも、肌着はどんどん進化しているんですね(笑)。我慢して着ていた昔の私に、この肌着のことを早く教えてあげたいです」

京都で1931年に創業、和装小物の卸業を営む「大原商店」。メーカーとしてもオリジナル商品を多数送り出しているが、なかでも力を入れているのがインナー類。

麻の半じゅばんは、手もみ楊柳(ようりゅう)で風合いがよく肌当たりもやわらか。絽麻(ろあさ)の半衿付き。ヒップが隠れる長めの丈で、下着のラインが表に響かない。

サイズ:(M)約身幅64・身丈62cm、(L)約身幅67・身丈65cm、 原産国:日本製、 素材・原料:麻
※下着のため、開封後の返品はできません。手洗い。半衿・衣紋抜き付。3〜5日でお届けします
カタログID:16-006-11 / 16-006-12 / 46-001-046 / 46-001-045
「大原商店」麻半じゅばん

「大原商店」麻半じゅばん

18,360円19,440円


数量 個 在庫・価格を一覧でチェックする

この商品について問い合わせる

この商品のつかい手レビュー

レビューを見る(0件) レビューを投稿する

この商品についてのレビューはまだ投稿されていません

買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2016年度版 七緒Vol.46 2016年夏号

この商品を買った人はこんな商品も買っています