「衿秀×佐川由希さん」多色使い帯締め

  • 「衿秀×佐川由希さん」多色使い帯締め

これ一本で、上級者のおしゃれ完成

着物スタイリストの佐川さんが「多色使い」に目覚めたのは、着物を着はじめて数年たったころ。リサイクルショップやアンティーク着物店をのぞく中で、着物が花盛りだったころにつくられたさまざまな色使いの帯締めに出会ったのがはじまりだ。

手持ちの着物や帯に合わせてみたところ「本当に、びっくりするくらい、いろいろなものに合ったんです」。しかも、シンプルモダンなコーディネートにも、レトロな着こなしにも、帯締めが着姿のアクセントになって、「上級者風」に決まってしまう。「今の時代にもあったらいいなって、ずっと思っていました」

佐川由希●ほぼ毎日を着物で過ごすという着物好き。アンティーク着物ファンでもあり、着物のおしゃれならではの、色や柄の豊かさを感じるコーディネートセンスに定評がある。※こちらの色の帯締めは現在お取扱いしておりません。ご了承くださいませ。

その願いを受け止めて、佐川さんが吟味を重ねた色の組み合わせを形にしてくれたのは、京都の老舗小物メーカー「衿秀」の藤原良介さん。多色使いに「ひねり」を入れることで、コーディネートにやわらかさや動きをプラス。クラシックにもモダンにも味付けできる新鮮な仕上がりになった。

「本当にお利口さんな帯締めです。頭で考えるより帯や着物にのせると、その力がわかるはずです」

色柄豊かなコーディネートに定評がある、「おべべとにゃんこ着つけとアンティーク着物レンタルサロン」主宰の佐川由希さんプロデュースの「ひとひねり小物」。「悩まなくてものせるだけで、どんな着物にも合ってしまう」と、大人気のロングセラー帯締めだ。4色のひねり組みは一見難易度が高そうなのに、「ニュアンスのある多色使いだからこそ、着物や帯に含まれた色と合わせやすいんです」と佐川さん。また、ひねりの曲線が印象をやわらげ、主張しすぎない。しっかりした撚より房もポイント。 合わせる着物や帯によって個性的にもかわいらしくも見える「花藍」、金茶に白と桜色のグラデーションが大人っぽい「霞月」、紫からピンクの色合わせが艶やかな「梅藤」の3色を厳選。

サイズ:約幅1×長さ160cm、 色・柄:花藍、梅藤、霞月、 原産国:日本製、 素材・原料:絹
3〜5日でお届けします
カタログID:16-004-01 / 16-004-03 / 16-004-02 / 17-006-13 / 17-006-14 / 17-006-15
「衿秀×佐川由希さん」多色使い帯締め

「衿秀×佐川由希さん」多色使い帯締め

12,960円


数量 個 在庫・価格を一覧でチェックする

この商品について問い合わせる

この商品のつかい手レビュー

レビューを見る(0件) レビューを投稿する

この商品についてのレビューはまだ投稿されていません

買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2016年度版 買いもの七緒 着物まわり 買いもの帖 2017年度版